This Category :  その他

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウスメーカー選び まとめ

2010.04.07 *Wed
今回は、今まで時系列で書いてきたハウスメーカー選びのまとめをしたいと思います。

(内容は私個人の主観であり、これを見て気分を害された方がいたらすいません)



まとめたのは、「住友林業」「一条工務店」「積水ハウス」の3社
どれも木造メーカーです。


 住友林業

■外観・デザイン
   カタログで紹介されている外観はかっちょいいけど、実際同じ仕様で建てると結構高くなる。
   平屋のGRAND LIFEのカタログの家は、本当にかっこいいと思う。
   壁は主にモルタル吹き付け
■仕様・設備
   標準仕様は一流メーカの中では低い方。
    けど言い換えるとこだわりたいところだけグレードを上げることができる。
   仕様変更は全て標準品との差額。(タオル掛一つでも差額を出してくれる。)
    用意されたグレードから選べばそんなに高くならない。
■提案力
   設計士が一番多いメーカーだけあって、打合せのはじめから設計士が入ってくれて
   アドバイスをくれる。
   ただ提案内容は設計士によるので、奇抜なアイデアを勧めてくる人もいれば
   住み心地を優先する保守的な人もいる。(全体的にみると保守的な人が多いかな)
■金額
   本体工事 : 坪65~70万 (平屋で)
   設備変更は全て標準品からの差額
   キャンペーンやサービスも多い。
   高いかなって思ってたらこの3社で一番安かった。(意外)
■打合せ方法
   我が家の場合は初回の打ち合わせから設計士さんが同席して、聞き取りした要望を
   すぐに図面にしてくれました。営業さんは全ての打ち合わせに出席し、毎回必ず
   議事録として打ち合わせ内容を残してくれます。

   本契約後は設計士さんがメインでたまに必要あれば営業さんが顔を出します。   
■気に入ったとこ
   外観・内装設備を含めたデザイン全般
   フットワークの軽くて誠実な営業さん。
   わがままな要望に真剣に応えてくれた設計士さん。
   

一条工務店

■外観・デザイン
   展示場の外観はほとんど同じのレンガが特徴の何とも言えない和洋折衷デザイン。
   「i-CUBE」は従来のデザインと一線引いたシンプルなデザイン
   壁は主にレンガ、サイディング吹き付け
   このレンガは一条の象徴とも言えるものとなっている。
■仕様・設備
   設備のほとんどは自社オリジナル製品の為、他社と比較はできないが自称高級品。
   デザインが気に入ればお得な商品だが、気に入らなかったら我慢するしかない。
高気密性が売りで、全館床暖房を薦められる。
   免震住宅の技術も進んでおり、比較的安価に実現できる。
■提案力
   「一条工務店」という名前だけで提案力はあまりないのではないかと先入観を持っていたが
   面白い間取りを提案してくれた。
   ただ設備や規格外の提案ができないので間取り以外は展示場のままになる事が多い。
■金額
   普通、展示場の設備は良く見せる為に最高級品や上ランクの設備にする場合が多いが
   一条工務店はほとんどが標準設備。その為打ち合わせを重ねても最初の金額提示から
   大幅に金額が上がることがない。
    と展示場へ行くと説明をよく受ける。
   実際そうかもしれないが、用意されたオリジナル商品しか選べないという事でもある。

   坪単価が55~60万(平屋)だったが、オプションが非常に高い。
   つまり標準装備のままでも普通に暮らす分には不自由なく比較的安価に建てれるが
   こだわると異常に高くなる。
■打合せ方法
   具体的な間取りの話になると設計士が登場します。
   建物の形にとらわれない自由な設計をしてくれます。
   ただ設計士の人数が少ないのか最初の打ち合わせの後に数ヶ月先まで
   打ち合わせ日程を決められました。
   打ち合わせには営業さんも同席しますが、設計士さんがメインで打ち合わせします。
■気に入ったとこ
   建物の形状によって金額が変動しない。
   

積水ハウス

■外観・デザイン
   展示場のデザインはまあまあカッコいいが、スミリンと同じく実際建てるとかなり高くなる。
   建売の外観と注文住宅の外観の見分けができないくらい同じになる事が多い。
   壁は主にサイディング+サイディング吹き付け
■仕様・設備
   内装の打ち合わせになる前に終了したのでよく分からないが
   建売や展示場の内装を見たときは特に印象はなかった。
   ただ和室の仕切りとして使われている木製の大扉はかっこよかった。
■提案力
   積水ハウスで一番がっかりしたところ。
   私達の要望を聞いても取りいれてくれないし、的を得ない図面をもってくる。
   そして一度も設計士とは会えないままだった。
■金額
   概算金額で3社の中で一番高く、そして値引きに対して全く応じない態度をとってきた。
   さすが実績No1。貧乏人は相手にしないつもりらしい。
■打合せ方法
   営業さんが要望を聞き取って、営業さんが作ってきた図面の説明をして
   営業さんがまた要望を聞き取って、再度作り直した図面を営業さんが説明する。
   (そして全く意向が伝わらず、打ち合わせが進まないまま終了となりました。)
■気に入ったとこ
   展示場が近かった事。
   

てなことろです。



これまでは、ハウスメーカー選びについて過去を追って書いてきましたが、途中の打ち合わせ内容については割愛してきました。



現在の我が家は着工合意を済まし既に基礎工事に掛かっております。



現在までだらだら日毎に書いてもとても追いつきそうにないので
これからは我が家の決定した仕様・設備を場所毎に紹介していきたいと思います。



皆さんのブログで紹介して頂い設備やアイデアをたくさん参考にさせて頂いたので、これからの方に少しでも参考になればといいなと思ってます。
スポンサーサイト
CATEGORY :  その他
THEME : 家づくりブログ
GENRE : ライフ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 


Copyright © きこりんの平屋 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。