スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家電を安く買う方法 - 応用編 -

2010.09.25 *Sat
前回は、実際にお店を「巡る」ことにより安く家電を買う方法をご紹介しました。



今回は、これらの行動を解説し
もっとお得にお買い物ができる応用編をご紹介したいと思います。





□ 商品の型番を調べる。


  解説 : たくさんのお店を周るため、1店当たりの時間短縮と
       量販店のオリジナル商品を選ばない為。
       
       各量販店はメーカーとコラボして独自の製品を作っている事が多々あります。 *特に白物家電
       オリジナル商品の場合、他店との金額比較ができないので極力避けます。



□ 家電を2種類以上選ぶ


  解説 : サービスカウンターでまとめ見積をする為。

       
       テレビコーナーなどで接客してくれる店員さんはメーカーから応援で来ている人や
       バイトの方がほとんどです。
       
       その方達から商品の説明を聞くのはいいのですが、
       値段交渉となると決められた値段までしか値引いてくれません。
       
       
       それ以上の値引きをさせるには社員や店長を引っ張りださないといけません。
       
       
       沢山の種類の見積は応援販売員やバイトの方達では無理なので
       商品知識が広い社員が対応をしてくれます。


       この方達に他店の価格が記載された見積を渡すと
       自動的にその金額より安く設定してくれます。
       (もし安くなかった場合は、本当に限界と思ってください。)

     
       正直、応援販売員やバイトの方に他店の金額を伝えてもあまり相手にされません。



家電を安く効率的に買う方法としては、

 「安くしてくれる人を探す。」
 「安くしてくれる状況を作る。」

       
この2点を迅速に行えば1日や2日の労力で安く買うことができます。




そしてこの購入方法を応用すれば、さらにお得にお買い物ができます。




例えば、「1点だけど安く買う」



今までと同じように、買う予定のものの型番を調べます。
続いて、出来れば欲しいな~と思う程度の家電の型番も調べます。


それらをハンゾウ流家電購入術で見積を取りまくります。



最終的に買う予定のお店でも同じように見積を作ってもらってから、


「とりあえず、この商品だけ買います。」



と、買う予定の家電だけを購入する旨を伝えます。

するとあっさりと安くなった値段で買えます。



今回買わなかった商品は、値段が安くなったら考えます的な事を言っておけば十分です。


  

同じような手段で、数量を増やす方法もあります。


最初の見積段階で2台としておいて、最終的には買うのは1台にする。
(テレビなんかでは有効な手段かもしれません。)





皆さんで、こんな方法で安く買えたよ~ってのがあれば教えてください。




次回からはまたお家の内容に戻ります。



他の方の住友林業ブログや平屋ブログは、こちらをどうぞ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

家づくり奮闘記コンテストへ
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © きこりんの平屋 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。